お約束

本ブログの性質上、改造記事などが多く存在します。
本記事を見て、行われた行為での損傷、故障等の損害は一切補償は致しません。
すべて、自己責任で行うよう、よろしくお願い致します。

AAtouchissue

最新のGoogle Play 開発者サービスでタッチができない問題の修正

7/17現在、最新のGoogle Play開発者サービスにアップデートした、
AndroidをCrankShaftに接続すると Android Autoは起動するものの、
画面タッチや、"OK Google"が使用できず、 ただの時計と化してしまいます。
GitHubを覗くと開発者の方も把握していて、アップデートがかかるようですが、
いつ公開になるかわからないので、チャチャっと修正してみましょう。
以下の手法は、abraha2dさんとeduardofiloさんの情報をもとにしています。
abraha2d , eduardofilo Thank you!

STEP1:CrankShaftのDevModeを有効にする


Bootパーティションにある「crankshaft」フォルダ内、crankshaft_env.shを書き換えます
(/boot/crankshaft/crankshaft_env.sh)
DEV_MODE=0
から
DEV_MODE=1
にして保存
07
Raspberry PiにSDカード、LANケーブルを接続して起動させます。

STEP2:SSH接続をして、必要なソフトをインストールする

ユーザー名:pi
パスワード:raspberry

sudo apt-get update
sudo apt-get install -y libboost-all-dev libusb-1.0.0-dev libssl-dev cmake libprotobuf-dev protobuf-c-compiler protobuf-compiler
sudo apt-get install -y libqt5multimedia5 libqt5multimedia5-plugins libqt5multimediawidgets5 qtmultimedia5-dev libqt5bluetooth5 libqt5bluetooth5-bin qtconnectivity5-dev pulseaudio librtaudio-dev librtaudio5a

STEP3:abraha2dのaasdkフォークをダウンロードしてコンパイルする
cd ~
wget --no-check-certificate https://github.com/abraha2d/aasdk/archive/development.zip
unzip development.zip
mv aasdk-development/ aasdk
mkdir aasdk_build
cd aasdk_build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release ../aasdk
make

STEP4:ilclientをコンパイルするためにパッケージをインストールする

sudo apt-get install -y libraspberrypi-doc libraspberrypi-dev
cd /opt/vc/src/hello_pi/libs/ilclient
make
08

STEP5:abraha2dのopenautoをダウンロードしてコンパイルする

cd ~
wget --no-check-certificate https://github.com/abraha2d/openauto/archive/crankshaft-ng.zip
unzip crankshaft-ng.zip
mv openauto-crankshaft-ng/ openauto
mkdir openauto_build
cd openauto_build
sudo apt-get install -y libtag1-dev libblkid-dev
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release -DRPI3_BUILD=TRUE -DAASDK_INCLUDE_DIRS="/home/pi/aasdk/include" -DAASDK_LIBRARIES="/home/pi/aasdk/lib/libaasdk.so" -DAASDK_PROTO_INCLUDE_DIRS="/home/pi/aasdk_build" -DAASDK_PROTO_LIBRARIES="/home/pi/aasdk/lib/libaasdk_proto.so" ../openauto
make

STEP6:CrankShaftのバイナリを置き換える

sudo cp /home/pi/openauto/bin/autoapp /usr/local/bin/autoapp

STEP7:DevModeを解除する


sudo nano /boot/crankshaft/crankshaft_env.sh

以下のように書き換えます
書き換え前:
DEV_MODE=1
書き換え後:
DEV_MODE=0
保存して閉じます

再起動すると・・・多分使えるはずです!
sudo reboot