お約束

本ブログの性質上、改造記事などが多く存在します。
本記事を見て、行われた行為での損傷、故障等の損害は一切補償は致しません。
すべて、自己責任で行うよう、よろしくお願い致します。

300円で買ったフォトパネル03を「9インチ車載モニター化」

今回は、20プリウスの後席に9インチモニターを設置してみようと思います!

用意したもの

  1. フォトパネル 03
  2. 液晶ドライバ(PCB800099)
  3. 3Dプリンター (Ender 3)
  4. シガープラグ  (家にあった何かの)
  5. ヘッドレストにタブレット固定するやつ

1.分解する



前記事にも書いたように裏面に貼ってあるラベル下にねじがありますので
ラベルをはがし、ねじを3本外します
DSC_0505

ねじを外したら、画面下部にへらを差し込み分解をします。

DSC_0520

基盤と、パネルは、液晶ケーブル、ボタンのケーブルの2本です。
2本を外すと完全に分離できます。

2、3Dデータを作成、印刷する

自分は、下のデータを作ってみました。
01

Ender 3では幅が足りなかったので、立てて出力中
IMG-6556

ちなみにフィラメントはSUNLUのPETGを使用しました。
02

組み立てる

お髭がすごく出ております。。。
IMG-6558-RS
上から見た図
IMG-6560-RS

装着して見た図
(配線は2本になっています!コンポジット(黄)と12V電源)
見た目は、フォトパネル03が浮いてるみたいになっています。
IMG-6564

前面のパネルは流用したので、デザインもそんなに悪くなく、
いい感じに仕上げることができました!
解像度は800*480で若干低いのですが、
使用しているカーナビがPanasonicの「CN-RA03D」というカーナビで
映像出力がコンポジットのみとなっているので、高解像度でも勿体ないのでちょうどいいと思います。

また、PCB800099はHDMIも対応しているので、カーナビを変更したり、車を乗り換えた際にも
広く使えるのがうれしいですね!

今日は、雨が降っていますが、これからは、どんどん気温が上がっていくと思います、、、
以前PLAを車内に置いておいたら大変なことになったので、
PETGがどこら辺まで耐えられるかも楽しみにしてます(笑)