お約束

本ブログの性質上、改造記事などが多く存在します。
本記事を見て、行われた行為での損傷、故障等の損害は一切補償は致しません。
すべて、自己責任で行うよう、よろしくお願い致します。

MacBook ProにBootCampでWindows 10 Anniversary Updateがインストールできたので。
報告します。

今回の環境

  • 機種:MacBook Pro 2010 Mid 13inch
  • メモリ:2Gx2=4G
  • ストレージ1:SSD 128G OSX El Capitan
  • ストレージ2:HDD 250G macOS Sierra
今回はmacOSの方にインストールします。

BootCampを実行する

44
DVDドライブを取り除いたMacなので、警告が出てますね。
 続けるをクリック。
 43
上のクリックは外してしまって大丈夫です。
「Windows  10またはそれ以降のバージョンをインストールまたは削除」と あり、
公式対応?したか??!!と心踊らせましたが、Windows 10のディスクを入れたら怒られましたw
やはり公式では、MacBook Pro 2010Mid 13inchはWindows 7止まりですね! 

06
この図ではすでにインストール済みですが、慎重に選択してくださいね!
ここまでは、Windows 10も7も変わりません!

手動でWindows10を起動

っでここからです。この時点で、10のディスクを入れても続行できませんので、
パーティションを作ったら、そのまま電源を消してください。

そうしたら、電源を押したら、optionキーを押して、Windows 10のインストールメディアを選択。
USBメモリで行う方は、EFI起動でない方を選択してください! 
私は、EFIでしか起動ができなかったため、DVDからインストールしました。
※EFI起動するとインストール先パーティションが選択できません。

あとは、いつも通りWindowsのインストールをしてください。

ドライバをインストール

Boot Camp Support Software 5.1.5640




を利用します ダウンロードが終了したら適当な場所に解凍して
BootCampの階層の中のDriversの中のATIとNVidiaのフォルダを削除して下さい。
そしたら。Appleというフォルダに移り、BootCamp.msiを実行してドライバをインストールして下さい!
 以上でMacBook Pro 2010でWindows 10を使いことができました!

キャプチャ


それでは、また!