お約束

本ブログの性質上、改造記事などが多く存在します。
本記事を見て、行われた行為での損傷、故障等の損害は一切補償は致しません。
すべて、自己責任で行うよう、よろしくお願い致します。

前回の記事で、
macにFlashToolをインストールしたので、
今回は、XPERIA ZをROM焼きして、ROOT化して、
CyanogenModをインストールしようと思います 。

Windowsお使いの方は、こちらの記事をどーぞ!

用意するもの

  • FlashToolがインストールされたパソコン
  • 対象デバイス向けのFTF
  • 時間

 

お願いとご注意 

本記事を参考にして発生した、故障・障害における補償、責任等は一切負いません。
全て自己責任でお願い致します。

ファイルの準備

今回、FTFはいつもお世話になっているAndroPlusさんからダウンロードさせていただきます。
こちらにアクセスをして、デバイスにあったFTFを取得します。

ダウンロード手順

ご自身のデバイスをクリック
59

欲しい、バージョンを選択。
今回は、10.3.1.B.1.1を選びました。
45

Begin Downloadをクリック8秒待ちます。
04

primary downloadをクリック(お好きなサーバーを選んでください)
37

しばらく待つとダウンロードが終わりますので、 終わったら、Finderで Shift + command + Gで
~/.flashTool/firmwares

21
に移動し、ダウンロードしたFTFをコピーしてください
58

書き込み方法

FlashToolを起動してください
35

稲妻マークを押します
Flashmodeを選び、OKを押します
31

対象のデバイスのFTFを選択します。
34

チャックをするもの

Windows版のFlashToolの記事に書いた通りではありますが
自分のためにももう一度、
Wipeのところは、データをリセットするときには、チェックをしてください。(チェック推奨)
ちなみに僕は、いつもROMを書き換える時には、必ずリセットをしますので、
2つにチェックしています。

最後、Misc TA Excludeは、全てにチェックをしましょう。
最近のFlashToolは、通常TAはスキップしますが、、、
怖いので、一応チェックします。
(Xperia VLを昔TAを焼いてしまったことで文鎮にしてしまったことから、
教訓として、チェックをしています)

今回はTAがありませんでした。

以上で、準備は完了です。”Flash”ボタンを押します。
52


ボリュームの下のボタンを押しながら、USBでパソコンに接続してください
52
 

そうすると先ほどの画面から以下のような画面になり、
07

ずんずん書き込まれていきます。
以下の画面で終了です。
37
USBを抜いて起動します!
初回起動が、緊張しますね!
 
DSC_0015
無事に起動しました!
説明は以上となります!
お疲れ様でした!

謝辞

AndroPlus